小じわ ケア

小じわのケアをするための方法

40代ともなると30代の頃から蓄積された肌の負担や乾燥から肌がかなり衰えている場合があります。
化粧品を利用したスキンケアの場合でも痛みを感じることがあるほどで、これは肌が乾燥しているために保護するためのバリア機能が低下しているために起こることでもあります。
刺激に弱くなった肌は敏感肌になる場合もあることに加え、ターンオーバーも若い頃に比べるとかなり低下していますので小じわができてもすぐに解消することができません。
これは40代を過ぎると肌の内部にあるエラスチンやコラーゲンといった成分が減少することが原因といわれています。
そのため、40代以降に小じわのケアをするということであれば保湿性が高く、刺激の少ない化粧品を利用してスキンケアをすることが大切です。
また、40代を過ぎると高い効果を期待して値段が高めの化粧品を使うという傾向にあります。
もちろん安い化粧品の場合は有効成分が少ない、品質が良くないというケースもありますが、では金額が高い商品であれば小じわに良い効果が得られるのかといえば、それは必ずしもその通りではありません。
そのため、化粧品を選ぶのであれば値段だけで決めるのではなく、どのような成分が含まれているか、そして自分の肌にとって最適な商品であるかどうかを確認したうえで選びたいところです。
また、それとともに確認しておきたいのが浸透力です。
40代を過ぎた肌というものは、成分が肌に浸透する力も低下していますので、できるだけ浸透しやすいものを選びたいところです。
良い成分が使われていてもそれが肌質に合わない場合はその分負担になってしまいますので、確認しなければならないポイントはたくさんあります。
こうした理由からいきなり正規品を買うのは避けた方が良いでしょう。
そのため、まずはトライアルやテスターが用意されている商品を選んだ方が良いかもしれません。

40代の女性にとって高い人気を集めている化粧品がリペアジェルです。
これは低刺激であるとともに、無添加で植物由来の成分が使われていることから人間の肌にやさしい化粧品となっています。
そのうえビタミンCも高濃度で配合されていますので、肌のハリも回復しやすく、小じわの対策も可能です。

コラーゲンを配合した化粧品とその特性

肌のハリにはコラーゲンが欠かせないことは多くの人が知るところでしょう。
実際にコラーゲンを配合した化粧品も多く販売されていますが、実はコラーゲンというものは外部からの補給が難しいとされています。
これには、コラーゲンのもつ特性が関係しているようです。

コラーゲンには2つの種類があり、まず1つめは肌の奥にある「真皮層」と呼ばれる場所にあるコラーゲンです。
このコラーゲンの特徴は肌に弾力やハリをもたらすといった役割を果たしています。
もう1つのコラーゲンは、表皮に存在するもので肌の保湿についての役割を果たしています。
化粧品などで外部からコラーゲンを補給しようとした場合ですが、この場合には真皮層までコラーゲンを送ることができません。
ただ、表皮での肌の保湿はしてくれています。
それでもしわ対策が確実にできているかといえば決してそのようなことはありません。
しわができる原因というのは、肌の乾燥によるところが大きいとされています。
肌の乾燥は真皮層にあるコラーゲン繊維の破損につながる他、加齢や紫外線といった原因でもコラーゲン繊維は減りやすくなりますので、表皮を保湿しても改善させることはかなり難しいといえます。
そのため、シワ対策をするということであればまずは肌の内部より改善していくことが重要となります。
肌の弾力やハリにはエラスチンやコラーゲンが関係していますので、これらの成分が活性化させることが重要ともなるのですが、これらの成分の生成が少ない場合には弾力やハリが失われることになります。

こうした理由からコラーゲンを外部から供給するのではなく、肌がコラーゲンを生成しやすくするような成分を与えることを考える必要があります。
外部からコラーゲンを供給する場合小じわについては改善が期待できるものの、深いシワについては真皮層にも影響を及ぼしていることになりますのでコラーゲンなどの生成を活性化させる成分を取り入れた方が良いかもしれません。

管理人のお世話になってるサイト⇒小じわ対策の化粧品


to TOP